キールズでニキビが悪化?化粧水やクリームが効くのは嘘?

 

キールズ美容液がニキビを悪化させる危険性や副作用について

 

キールズは濃度が高い!ビタミンC誘導体でニキビ悪化させない使い方とは?

キールズ美容液などのビタミンC誘導体誘導体を含む化粧品は、肌への浸透性が非常に高いため、その分少量でも副作用が出やすいというデメリットもあります。

そのため、オバジC10・C20セラムやキールズ美容液のように濃度の濃いビタミンC誘導体は慎重に使用する必要があります。可能な限り薄い濃度のものから使用を開始し、少しずつ濃度を上げていって、自分の肌質に合う濃度を探し当てていく使い方が理想的です。

 

キールズの副作用でニキビが悪化する…?そんな事あるの?

ビタミンC誘導体はニキビ・ニキビ跡の改善に効果的なのは言うまでもありません。しかし、その一方で使用する人を選ぶ美容成分とも言えます。

肌への刺激がそれなりに強いのです。ニキビ肌の方には刺激に過敏に反応してしまう敏感肌である方が多いため、ニキビのある人ほどビタミンC誘導体の使用には慎重にならなければなりません。

 

ビタミンC誘導体を使うと悪化する?ニキビやニキビ跡に刺激を与えてはいけない理由

 

ビタミンC誘導体を使うと悪化する?ニキビやニキビ跡に刺激を与えてはいけない理由

「刺激」という言葉はよく聞きますが、この「刺激」がどれだけニキビを悪化させるリスクや危険性があるのかということに対して、どうしても軽視してしまうなど、見落としがちです。

ニキビやニキビ跡に刺激を与えてしまうのは厳禁です。せっかく肌の古い細胞が新しい健康的な細胞に新陳代謝(ターンオーバー)で生まれ変わろうとしていても、そうしたうかつに与えた刺激によって乱されてしまいます。

その結果、ニキビやニキビ跡が改善するどころか、逆にビタミンC誘導体を含むキールズ美容液のような化粧品で悪化する危険性まであるのです。

 

キールズは赤ニキビには効く?効かない?

キールズの化粧品に赤ニキビのような炎症ニキビを抑えてくれる効果は基本的にはありません。つまり、ニキビの治療の目的として使うにはあまり効果がある化粧品とは言えないのです。

しかし、さすがはキールズというだけあって「健康的な肌を育む」という視点ではこれ以上ないくらい頼りがいがあります。そうした意味では、ニキビができにくい肌作りを後押しする「予防」の面では効果的であると言えるかもしれません。

 

キールズ美容液は白ニキビや黒ニキビにも効果なし…

前述の通り、そもそも殺菌効果を持ち合わせている化粧品ではありません。そのため、膿をともなう白ニキビや黒ニキビには全くと言っていいほど効果はありません。

「ニキビの治療」の問題とは切り離して考えるべきです。そもそもがそれを目的として製造・開発されている化粧品ではないため、あくまで「ニキビの予防」で活躍してくれる化粧品シリーズでしょう。

 

 

コメント