男性ホルモンとニキビの関係と減らす方法について

男性ホルモンとニキビの原因と減らす方法

 

 

 

男性ホルモンとニキビは密接に関係しています。ニキビの根本的な原因はホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが過剰に多くなってしまうことにあります。

男性ホルモンとニキビの関係性、減らす方法について調べました。

 

 

 

男性ホルモンが多いとできやすい?過剰分泌とニキビとの関係性について

男性ホルモンが多いとできやすい?過剰分泌とニキビとの関係性について

 

男性ホルモンの分泌量のバランスが崩れるとニキビができる!

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になり、過剰に分泌される状態が続くとニキビを発症します。

男性ホルモンが増えるとニキビが出来てしまうことについては、角化細胞を増殖させ、肌の柔軟性が失われることで角栓による毛穴詰まりを引き起こしてニキビの初期段階となってしまいます。

さらに、男性ホルモンには皮脂の過剰分泌を促進させてしまう性質を持っており、角栓が詰まった毛穴に皮脂が溜まり、ニキビの発生と悪化につながってしまいます。

なので、男性ホルモンが過剰に増えた状態になると、ニキビの原因につながり、発生と悪化につながってしまうことで密接に関係していることが分かります。

 

 

男性ホルモンを減らす・少なくする方法として「ホルモン治療」が有効!

男性ホルモンを減らす・少なくする方法として「ホルモン治療」が有効!

 

顎ニキビやおでこニキビに超効果的!低用量ピル治療とは?

男性ホルモンを減らすにはその働きを抑制する必要があります。そこで、体外から女性ホルモンを摂り入れて、男性ホルモンの働きを弱めてしまうホルモン治療が効果的です。

ホルモン治療の具体的やり方には、女性ホルモンに似た働きをする成分を疑似ホルモン剤として投与、ピルを服用するといった方法が挙げられます。

 

ピルで女性ホルモンが増えることでニキビが治る!

ピルは危険と言うイメージもありますが、ピルは女性ホルモンの一種であるエストロゲンを含んだ薬なので、女性ホルモンを増やして男性ホルモンを抑制することにもつながるのです。

疑似ホルモン剤の投与やピルを使うことによって、男性ホルモンが優位になり乱れたホルモンバランスを女性ホルモンが優位の状態へと導くことを可能にします。

 

女性ホルモン剤入りのクリームもニキビ改善に効果的!

ホルモン剤の投与やピルといった内服薬だけでなく、外用薬を用いて男性ホルモンの働きを抑制するものもあります。女性ホルモンを含んだ軟膏を使い、ニキビが出来ているところを集中的に治療します。

外用薬と内服薬を併用して行うことでより即効性が期待でき、高い効果が期待できます。ホルモンバランスをキープするために、必ず医師の指示を仰いで治療を行いましょう。

ホルモン治療を得意とする医師であればよりリスクが少なく、安全に治療ができ、確実にニキビの根本的治療を行うことができます。

 

 

女性ホルモンは飲み薬と塗り薬を両方使うのがニキビ治療にオススメ!

女性ホルモンは飲み薬と塗り薬を両方使うのがニキビ治療にオススメ!

 

ホルモン治療によって女性ホルモンが優位の状態を作り出すことがニキビの治療に有効で、ホルモンバランスを整えるためにホルモン治療の経験を持つ皮膚科医を受診し、できたら内服薬と外用薬両方を取り入れた治療を行うことがベストです。

 

ホルモン治療でニキビに特に有効なのが「スピロノラクトン」

男性ホルモンを抑制する作用があり、男性ホルモンを減らしニキビが出来づらくなります。スピロノラクトンだけでホルモン治療が行われることも多く、ピルと併用して使われることもあります。

 

 

女性ホルモンを外用薬やピルで増やすとニキビは治る?

低用量ピルを使って男性ホルモンを抑制すればニキビは治る?

 

多くのピルはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが主成分となります。

ピルが体内に入ることで、女性ホルモンが補充され、体内のエストロゲンの量が増え、皮脂分泌が穏やかになり、ニキビが出来にくい肌へとつなげてくれます。

 

 

低用量ピルを使って男性ホルモンを抑制すればニキビは治る?

 

ピルの中でも皮脂の分泌を抑制するものや皮脂分泌が少ないタイプに注目し、そういったピルを選ぶようにすれば男性ホルモンを減らし、エストロゲンによって女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

ニキビを治す低用量ピルにも副作用はある!

ただし、ピルには副作用があります。

頭痛や吐き気、少量の不正出血、食欲が増すといったことが起こることもあるので注意が必要なことも知っておきましょう。

 

 

男性ホルモンを抑えるとニキビも減らすことができる!

男性ホルモンを抑えるとニキビも減らすことができる!

 

男性ホルモンが毛穴を詰まらせ、皮脂を過剰分泌させる!

男性ホルモンの一種であるアンドロゲンは皮脂を分泌させ、角化細胞を増殖させ、肌の角質を増やし過ぎてしまう角化が異常状態となります。

異常状態になることで毛穴が角栓によって塞がれ、毛穴が詰まり、皮脂が溜まるのでニキビに発展してしまいます。

ニキビの原因は男性ホルモンの働きである過剰な皮脂分泌なので、ホルモン治療を行うことで体内のホルモンバランスが変わり、男性ホルモンの働きや作用が減少し、ニキビが発生しにくい肌環境づくりを目指せます。

 

女性ホルモンと男性ホルモンはニキビに関して対極の効果を持つ!

男性ホルモンには皮脂分泌を促してしまう働きがあります。逆には女性ホルモンのエストロゲンには皮脂を抑制する働きがあり、肌本来のバリア機能を強化させます。

ニキビの原因は男性ホルモンにあるので、男性ホルモンを減らして女性ホルモンを増やしてホルモンバランスを整えることでニキビ改善につなげます。

 

 

まとめ

男性ホルモンを抑えるとニキビも減らすことができる!

 

男性ホルモンが増えることでニキビの原因や悪化につながってしまうことで深く関係していることが分かります。

男性ホルモンが増えてしまうことでニキビ発生につながり、女性ホルモンがニキビを予防、改善へと導きます。

男性ホルモンが減り、女性ホルモンの量が増えると肌を健やかにしてくれるので、男性ホルモンを抑制したり減らしたりするホルモン治療やピルを取り入れることでニキビも減らしてくれることが分かります。

 

今週のお題「おとうさん」

コメント