おでこニキビは男性ホルモンを抑えることで治る!

 

 

 

おでこニキビの原因は男性ホルモンの過剰分泌!

おでこニキビの原因はホルモンバランスの崩れが一番の要因と言えます。皮脂が過剰に分泌されることでホルモンバランスが変化し、男性ホルモンの一種である「テストステロン」や「アンドロゲン」といったホルモンの分泌が増加し、おでこにニキビを作ってしまいます。

おでこニキビを改善するには男性ホルモンの分泌量を減らすことが有効です。そこで、どのように男性ホルモンの分泌を減らすのが良いのかを調べました。

 

 

かゆいおでこニキビが大量にできる原因は男性ホルモンの影響!

かゆいおでこニキビが大量にできる原因は男性ホルモンの影響!

 

男性ホルモンがおでこニキビを作り出す仕組み

まずは皮脂全体の50%を占める「トリアシルグリセロール」の分泌を促してしまいます。皮脂の過剰分泌を引き起こし、ニキビを作りやすくします。

それから、角化細胞であるケラチノサイドの増殖を促進させてしまいます。角化細胞は表皮の一番下にある層で細胞分裂により生み出される新しい細胞です。その新しい細胞が少しずつ肌の表面へと移動し、一番上の層である角層で角質細胞となり、垢となって自然と剥がれ落ちるというターンオーバーが行われます。

しかし、男性ホルモンの分泌が増えてしまうと角質が増えすぎてしまい、角質が厚くなって角化の異常増殖が起こります。角質が厚くなって角化異常が起こると毛穴が詰まり、角栓で塞がれてしまうことでニキビを作りやすくします。

よって、男性ホルモンが増えること皮脂が過剰分泌して、ターンオーバーが乱れて角化の異常が起こりおでこニキビにつながってしまうことが分かります。

 

 

おでこニキビを防ごう!男性ホルモンを減らすサプリは?

おでこニキビを防ごう!男性ホルモンを減らすサプリは?

 

男性ホルモンを減らすサプリメントその1「亜鉛」

亜鉛は細胞を正常に分化させる働きがあります。また、男性ホルモンを作ってしまう5αリダクターゼを阻害する効果もあるので男性ホルモンを減らす効果が期待できるのです。

男性ホルモンを作る原因を阻害してくれるだけでなく、卵細胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの働きを高めて、女性ホルモンの分泌を活発にしてくれます。

亜鉛が多く含まれている食べ物として牡蠣、レバー、牛肉、黒ゴマ、小麦胚芽、チーズが挙げられます。

亜鉛は体内に溜まらず排出されやすい特性を持っているので、ビタミンCと一緒に摂取すると亜鉛の吸収率を高めてくれます。亜鉛を摂取する際にビタミンCと一緒に摂ることが男性ホルモンを減らし、おでこニキビの改善へとつなげます。

 

男性ホルモンを抑制するサプリメントその2「大豆イソフラボン」

イソフラボンは女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た働きを持っており、男性ホルモンを抑制する効果も期待できます。

豆腐、納豆、豆乳、味噌などの大豆製品にイソフラボンは多く含まれています。ただし、摂取し過ぎないように毎日適量を守ることが大切です。

 

男性ホルモンを抑えるサプリメントその3「ノコギリヤシ」

ノコギリヤシはテストステロン、ジヒドロテストステロン、5aリダクターゼの全ての量を減らし、新たに産生されるのを非常に効果的に阻害します。

男性ホルモンを減らすサプリメントとしてはトップクラスの効果を持ち、おでこニキビなどの男性ホルモンが原因として絡んでくるニキビを予防するためにはかなり効果的です。

 

 

女性ホルモンを増やすことで男性ホルモンを減らすサプリメント「プエラリア」

プエラリアミリフィカというサプリメントは、女性ホルモンを増やす効果があらゆるサプリメントの中で最強と言ってよいでしょう。この女性ホルモンを体内で優位にする作用により、男性ホルモンが相対的に減少します。

その結果、美容のホルモンとして知られるエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが、ハリのある肌の質感と健康的な肌の新陳代謝のリズムを取り戻してくれます

 

 

ケミカルピーリングとイオン導入でも男性ホルモンを減らすことが可能!

ケミカルピーリングとイオン導入でも男性ホルモンを減らすことが可能!

 

ケミカルピーリングはおでこニキビの治療の最短経路!

クリニック内で行っている「ケミカルピーリング」と「イオン導入」も男性ホルモンを減らす効果があります。

ケミカルピーリングは皮膚に酸性の薬剤を塗布し、肌表面の不要な角質を除去することです。おでこニキビが出来ていると肌のターンオーバーが乱れてしまいますが、ケミカルピーリングで不要な角質を除去することでターンオーバーを正常に促してくれます。ニキビ治療に高い効果が期待できる施術方法です。比較的費用負担が少ないので人気があります。

皮膚は通常約28日周期で細胞が入れ替わり新しい皮膚を作りだすターンオーバーが行われます。ケミカルピーリングはターンオーバーを正常化させることができます。

皮膚の表面に酸を塗ることで古い角質を溶かして、皮膚の再生能力を高めます。メラニン色素の排出を促進させるので美白効果をもたらし、黒ずみや色素沈着を改善します。

角栓や皮脂を除去できるのでニキビが出来づらい肌にし、男性ホルモンが増えにくい肌環境へと導きやすくします。

 

おでこニキビを跡を残さずキレイに治せる「イオン導入」

イオン導入はビタミンCやビタミンEなどの美容成分を肌に塗った後に微弱な電流によって美容成分を肌の真皮層まで浸透させる施術方法です。

ビタミンCはおでこニキビの炎症を鎮静化させ、肌再生を促す働きがあります。ビタミンEは活性酸素の除去能力が高く、過酸化脂質を抑制する働きがあります。また、保湿効果、水分保持機能、抗炎症作用の効果もあります。

イオン導入を行うことで、ただ塗るだけよりも100倍近く肌に浸透させることができるので、おでこニキビやニキビ跡の改善に働きかけてくれます。

イオン導入で男性ホルモン抑制剤が入ったビタミンCを使用しているところもあるので、そういったところでイオン導入を行えばより男性ホルモンを減らす効果を高めることができるでしょう。

 

 

まとめ

おでこニキビが出来るとターンオーバーが乱れます

 

おでこニキビを引き起こす原因となっているホルモンバランスの乱れは男性ホルモンが過剰になってしまうことによってニキビにつながってしまうことが分かります。

おでこニキビが出来るとターンオーバーが乱れます。亜鉛やイソフラボンの摂取、ケミカルピーリングやイオン導入によって男性ホルモンを抑制することは、ターンオーバーの乱れを改善するのでおでこニキビに効果が期待できるのです。

おでこニキビの改善に男性ホルモンを減らすことは肌のターンオーバーを促進させ、皮脂の過剰分泌などのニキビを引き起こす原因を排除できます。

 

 

 

コメント