ちふれの乳液でニキビが悪化する3つの原因・理由

ちふれの乳液でニキビが悪化する3つの原因・理由          

 

 

ちふれの乳液は肌質に合っていれば超コスパの良い化粧品

ちふれの化粧品全般に言えることですが、明らかに価格以上の有効成分が配合されている点から、コスパ。費用対効果の面で非常に評価が高いです。

しかし、そんなちふれの乳液でニキビが悪化してしまうという方が少なくありません。これは、「ちふれの乳液がニキビに悪い」というよりも、「ニキビ肌という肌質にあまりにもダメな成分が多すぎる」というのが本質でしょう。

では、どんな成分がニキビを悪化させてしまう場合があるのでしょうか?

 

 

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由1「フェノキシエタノール」

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由1「フェノキシエタノール」

 

ちふれの乳液には全てにフェノキシエタノールが含まれています。これは名前の通りエタノール(アルコール)の一種で、揮発性と呼ばれる蒸発する性質によって、肌の水分を奪い去って気化してしまう働きがあります。

そのため、使用感としてはスーッとした清涼感があるのですが、これが実は肌に対してかなりの刺激になるのです。

フェノキシエタノール単体でも肌の赤みやニキビを発生させる原因には十分になり得ます。人によってはこの成分がアウトでしょう。

 

 

 

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由2「メチルパラベン」

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由2「メチルパラベン」

 

ちふれの乳液にはパラベンという防腐剤が含まれています。安いコストで腐らせずに品質を保つためには、どうしてもこういった「少ない量の配合で効率的に防腐効果がある成分」を配合せざるを得ないという問題があります。

このパラベンが肌に対して大きな刺激・負担となるということは、美容や化粧品に興味のある方であれば一度は耳にしたことがあるかもしれません。

敏感肌の方でなければそこまで気にする必要のない成分ですが、そもそもニキビ肌というもの自体が「細菌」などに対する「敏感肌」の一種であるという見方もあります。

ニキビは言うまでもなく「肌の傷」です。そこにこうした刺激の強い防腐剤を塗ってしまうことが、果たして悪化を招かないのか。そうした疑問を払拭できないがために、パラベンが入っている化粧品は絶対に選ばないという方も多いです。

 

 

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由3「ミネラルオイル」

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由3「ミネラルオイル」

 

ミネラルオイルと聞くといかにも肌に良さそうな「栄養素」的な響きを感じますよね。しかし、ミネラルオイルを漢字で訳すと「鉱物油」です。

このミネラルオイルは、「プチプラ」と言われるようなコスパの高さで有名な化粧品のほとんどに配合されている成分です。

このオイルが化粧品に配合されることによる問題点は、エタノールやパラベンに比べれば大したことはなく、赤ちゃんが使うベビーオイルやベビーパウダーにも入っているくらいの低刺激性が魅力です。

しかし、ニキビができやすい肌質の方は別です。このミネラルオイルは、ニキビ肌に悩む方の「あっていなかった」という声があまりに多いのです。ニキビが肌質的にできやすいという方は、ミネラルオイルに対して過敏である場合が多いことは覚えておきましょう。

 

 

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由4「乳液という性質」

竹澤

 

乳液がニキビを改善するのか悪化させるのか。これは、非常に議論が分かれるポイントです。筆者の見解としては、「過剰に使えば悪化する」「適量であればむしろ乾燥が改善されてニキビができにくくなる」と考えています。

しかし、どんな人にとってもではありません。脂性肌と乾燥肌では、ニキビのできる根本の理由が全然違うからです。

脂性肌かつニキビができやすい肌の方は、乳液は基本的にやめたほうが良いでしょう。油分過多となって、火に油を注ぐようなスキンケアです。

 

 

 

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由5「大豆アレルギー」

ちふれの乳液でニキビが悪化する理由5「大豆アレルギー」

 

これはメリットとも言えるのですが、ちふれの乳液には「大豆油」が含まれています。滅多にないことですが、大豆やマメ化の植物にアレルギーを持つ人がこれを使えば、アレルギー症状としてニキビができることは普通にあり得ます。

前述の4つの原因に対して心当たりがないのに、なぜかニキビが増える。そういった方はアレルギーという可能性もなくはないので、留意しておくと良いかも知れません。

 

 

 

 

コメント